荒木歯科医院-健康の入り口

荒木歯科医院-健康の入り口

NHKガッテン 放送終了

2022-04-20

NHKガッテン 放送終了2022年2月2日の放送回をもって、「NHKガッテン!」の放送は終了しました。
27年間で1098回、放送されたそうです。雑誌NHKガッテンの最終号・2022年春号は「逆トレ筋力アップ術」を特集していました。


NHKガッテン 放送終了私たちは、ダンベルを使ってトレーニングをするとき、どうしても“持ち上げる”動作を意識しがちです。
というのも「重いものを持ち上げるほうが、より筋肉が鍛えられる」と思っているからです。

2017年、台湾で「階段の上りと下りでは、どちらのほうが筋力がアップするのか?」について調べる実験が行われました。
肥満気味の女性30人を、6階建てのビルの階段を「上りだけ行う」グループと、「下りだけ行う」グループの2つに分け、(同じ条件下で)週2回からスタートして、回数を増やしながら12週間実施しました。
すると「下りだけ行う」グループのほうが、より高い効果を出すことが判明しました。その理由は、筋肉にかかる負荷と使っている筋力との関係にあります。

通常のトレーニングの場合、筋肉には“縮もうとする力(負荷)”がかかっています。この縮もうとする力によって筋肉は鍛えられているのですが、“逆”のトレーニングの場合、筋肉は“縮もうとしながら伸ばされる状態”に。
すると、単に縮もうとする力よりも強い負荷がかかるため、より筋力がアップすると考えられるのです。

番組では、この“逆”のトレーニングを「逆トレ」と命名しています。逆トレは「きつい運動が苦手」という人にこそおすすめです。“逆”の動きを行うとき、脳は筋肉に「(ダンベルを)下ろす動作は楽だから、使うのは少ない筋肉で十分」という指示を出します。
脳は逆の動作を楽だと思い込んでいるため、筋肉の一部にしか指示を出しません。すると、そのぶん通常のトレ−ニングと比べて酸素消費量が抑えられ、心拍数もあまり上がらないほか、精神的にも楽だと感じるのです。
逆トレは通常のトレーニングと比べて、身体的にも精神的にも楽に感じるのに、より効果的に筋力アップができるということで、現在さまざまな現場で注目されています。

配信 Willmake143

認知症を防ぐカギは「耳」にあり!

2022-04-19

認知症を防ぐカギは「耳」にあり!年齢とともに「聞こえ」が悪くなる老化現象は誰にでも起こりますが、何も対処せず放っておくと認知症の大きな原因になります。
いま難聴と認知症の関連が注目されているという記事がサンデー毎日2022年4月24日号に載っていました。


認知症を防ぐカギは「耳」にあり!2017年7月、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC)において、ランセット国際委員会が「難聴」は「高血圧」「肥満」「糖尿病」などとともに認知症の危険因子の1つになると発表しました。さらに20年には「予防可能な40%の認知症を起こす12の要因の中で、難聴は最も大きな危険因子である」という指摘がなされ、ますます難聴と認知症の関連が注目されています。

近年の研究によると、難聴によって、音の刺激や脳に伝えられる情報量が少ない状態になってしまうと、脳の萎縮や、神経細胞の弱まりが進み、それが認知症の発症に大きく影響していることが明らかになってきているのです。
医学雑誌ランセットに20年に報告されたところでは、認知症患者のうち、40%は予防し得た認知症だったと言われています。
つまり、ならなくていい認知症です。それらのうち、50歳から65歳の中年期の間の難聴に対処せず、放っておいた人たちが8%で最多です」と国立病院機構東京医療センター感覚器センター(耳鼻咽喉科)の神崎晶医師が指摘しています。

難聴は、小さな声が聞きづらい「軽度難聴」と「中等度難聴」(普通の会話が聞きづらい)、「高度難聴」(普通の会話が聞き取れない)、耳元で話されても聞き取れない「重度難聴」に分けられます。

アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大のLin医師らの報告(11年)では、このうち軽度の難聴の人が放置した場合、認知症を発症するリスクは、標準的な聴覚の人の約2倍、中等度の難聴の人は約3倍、重度の難聴の人は約5倍にもなるといいます。


認知症を防ぐカギは「耳」にあり!要は中年期である45歳から60歳の難聴を予防することが、認知症予防の重要なカギとなるということです。
つまり、難聴を放置せず、対処することが、認知症予防にもつながるということです。

配信 Willmake143

大腸の健康を守る

2022-04-18

大腸の健康を守るかつては便を作り排泄するだけの器官と思われていた「大腸」。現在は健康・長寿に関わる器官として注目され、大腸の状態を良好に保つ「腸活」に関心が高まっていると2022年4月16日の日経新聞が伝えていました。


大腸の健康を守る大腸は小腸で消化・吸収された後に半液状となった食べ物のカスから水分やミネラルを吸収。
便を生成して一時的にためた後、肛門へと送り排せつするのが主な働きです。大腸には干種類・100兆個以上の細菌が生息しているといわれています。
この腸内細菌叢(腸内フローラ)の研究が進んできたことで、大腸が健康・長寿にとって重要な器官であることが分かってきたそうです。

腸内フローラを研究する京都府立医科大学大学院医学研究科の内藤裕二教授は「100歳以上の百寿者の割合が高い京都・丹後地域の高齢者の腸内細菌を調べたところ、ビフィズス菌や酪酸産生菌の比率が高く、腸内フローラの多様性がみられた」と話しています。


大腸の健康を守る大腸を良好な状態に保つには、食事で『シンバイオティクス』を取り入れることが大切だそうです。

シンバイオティクスは有用な菌を摂取する「プロバイオティクス」と、有用菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖などをとる「プレバイオティクス」を組み合わせたものです。

プロバイオティクスではビフィズス菌入りヨーグルトが代表的です。
大腸の機能が衰えた状態を「大腸劣化」と呼び、様々な不調を招くリスクがあると警鐘を嗚らしています。
食事や生活習慣を見直して、大腸劣化の予防・改善に取り組む際は、ただ良いとされるものを実践するだけでなく、その結果、自分の体がどう反応したかを確認しながら取り入れていくことが重要だと記事には書いてありました。

配信 Willmake143

「ピンピン、ひらり」という老い方

2022-04-08

「ピンピン、ひらり」という老い方諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生が、2022年2月8日に「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演した際、黒柳徹子さんに「73歳、今の目標は?」と質問されたそうです。2022年4月5日に出版された鎌田先生の新著「ピンピン、ひらり」のまえがきで鎌田先生の答えが紹介されていました。


「ピンピン、ひらり」という老い方ぼくはこう答えた。

「80歳でもイラクの難民キャンプに診察に行ける筋肉を維持したい。90歳まで生きられたら冬にはスキーをしたい。でも、いちばんの目標はPPHです。PPH、知っていますか?」
徹子さんは、頭の上に「?」を浮かべて身を乗り出してきた。

「ピンピン、ひらりです。死ぬ間際までピンピン元気に生きて、ひらりと逝きたいと思っています」
ここで番組は終わったが、話は続いた。徹子さんのお母さん朝さんは、2006年に95歳で亡くなったが、間際までやりたいことを続けていたという。そして、「じゃあね」と言って、旅立った。いいなあと思った。
まさに見事なピンピン、ひらりだ。

では、どうしたらひらりと逝けるのか、その前に訪れる長い「老い」を、どうやってピンピン生きるのか。そもそも、老いを生きる目的は何なのか。
本音を言うと、ぼく自身も年なんか取りたくないと思っていた。
人生には必ずしもピンピン生きられないときがある。「ピンピン」と「ひらり」の間にあるはずの「老い」を、ぼくは無意識のうちに考えないようにしてきたが、避けたいと思っていた「老い」も、視点を変えてみると見え方が違ってきた。
子育てを終え、仕事の第一線から降りることは、「役割を失うこと」ではなく、「自由になること」。

体や心の働きが哀えていくということは、「未知なる自分と出会うこと」でもあるし、多くの人に助けられ「他者とかかわる機会が増えること」でもある。
老いには、「死を身近に感じながら生きる」という特権もある。
そう、死を意識するからこそ、生きていることの尊さがわかるのだ。

老いという“下り坂”は、美しい景色も見せてくれる。“上り坂”は上ることに一所懸命で、自分の足元しか見えていないことが多い。
でも、下り坂は違う。眼下には、これまで上ってきた道のりや、すそのの広大な景色が広がっている。その美しい景色は人生のご褒美といってもいい。

「いいことも、嫌なこともあったが、今思えばおもしろい人生だった。もうすぐ自分は死ぬけれど、嫌じゃないんだ。死ぬのもまんざらではないと思えるようになったよ」と長年、農業をやってきた高齢の男性が、緩和ケア病棟で亡くなる前にそう言った。
この男性も、黒柳さんのお母さんも、老いを完全燃焼したからこそ、ひらりと逝くことができたのだろう。
本書は、鎌田先生の体験から得た老いの受け止め方や、ピンピン元気なときを延ばす生活習慣、老いの価値の見つけ方について書いてあります。自由な発想で老いを楽しむ人たちも紹介されています。

配信 Willmake143

鼻うがい

2022-04-07

鼻うがい日経ヘルス2022年春号は鼻うがいについての記事を載せていました。

上咽頭は左右の鼻から吸った空気が合流する場所。鼻の奥、喉の上部に位置するため、口を開けても見ることはできません。
上咽頭の表面は繊毛上皮で覆われ、空気中のウイルスや細菌などの異物を捉えて体外へ押し流す粘液を分泌しています。
さらに、繊毛上皮には免疫細胞と呼ばれるリンパ球が多数存在し、異物の侵入を防いでいるそうです。
自律神経や免疫とも密接なかかわりがある上咽頭は、健康の土台を担う場所ですが、上咽頭は炎症が起こりやすい部位だけに、炎症の悪化を防ぎ、慢性化しないようにすることが大切です。

「『温める』『洗う』のセルフケアが有効だということです。「洗う」ケアには、上咽頭をピンポイントで洗浄する「上咽頭洗い」と、上咽頭を含めた鼻腔全体を洗う「鼻うがい」の2つがあります。



鼻うがいいずれも洗浄液は水ではなく、人肌の温度に温めた生理食塩水で行うのがポイントです。水は浸透圧が低いため、鼻に入れるとツーンとした刺激や痛みをもたらすことがあるからです。
生理食塩水には、ウイルスの増殖を抑える効果が確認されています。
一定の濃度の生理食塩水が細胞に浸透すると、ナトリウムの作用によって次亜塩素酸を生成。また細胞内に浸透したナトリウムを細胞外に排出するために、ウイルスの複製に必要なエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)が使われて枯渇することで、ウイルス増殖の抑制につながります。
洗浄用ボトルは市販のものを利用すると簡便です。


鼻うがい

配信 Willmake143

“つながる”ことの効果

2022-03-27

“つながる”ことの効果NHKテキスト きょうの健康2022年4月号の特集は「延ばそう!健康寿命」でした。その特集の中では孤立対策も取り上げていました。

最近の研究で、孤立が心身へのストレスとなり、健康状態に悪影響を及ぼすことがわかってきました。日本では、この問題に 対処するため、2021年に「孤独・孤立対策担当大臣」が新たに任命されるなど、孤立と健康の関係が注目されています。

孤立して孤独を感じているとき、脳には大きなストレスがかかります。このストレスは、身体的な痛みなどを感じたときにかかるストレスにも匹敵するもので、心拍や血圧を上昇させることにつながります。
これが脳や心臓の血管に負担をかけ、積み重なれば脳卒中や心臓病の引き金となります。孤立している人とそうでない人で、病気の発症リスクを比較すると、孤立している人のほうが、およそ1.3倍も脳卒中や心臓病を発症しやすいと報告されています。


“つながる”ことの効果

配信 Willmake143

心をケアするハンドセラピー

2022-03-26

心をケアするハンドセラピー元看護師の山本千鶴子さんは10年ほど前、「幸齢者ハンドセラピスト」の肩書で活動を始めました。
高齢者施設に赴き、利用者の手にそっと触れながらたわいもない話をする活動を週刊朝日2022年3月25日号が紹介しています。

「手は最も抵抗感なく触らせてもらえるパーツです。リラックスするうち、うなり続けていた方が静かになったり、普段しないような思い出話を始めたり。会話の内容を施設に伝えて、介護計画に生かしたこともありました」とその効果について山本さんは語っています。

浜松医科大学の鈴木みずえ教授(老年看護学)は、高齢者のケアにおいてハンドセラピーが果たす役割は大きいと話しています。「認知症患者の不穏や攻撃性を和らげる効果がある。高齢者施設のスタツフが実践したところ、健康状態の把握と早めの処置につながり、体調を悪化させて入院する利用者が減った例もありました」。

シニアだけでなく、ストレスを抱える人のケアにも有効だそうです。
がん患者やICUの入院患者の場合、不安や不眠が改善して鎮静剤の量が減った、呼吸や脈拍が安定した、という報告があるそうです。

近年は、企業による社員のメンタルヘルス対策や、不登校の子のサポートに使われるケースも出てきたといいます。鈴木教授は「手を触られているときは、お互い向き合ってアイコンタクトがとれる体勢になる。足や背中を触られるよりも『あなたが大切』というメッセージをダイレクトに受け取れる」と話していました。

配信 Willmake143

ペット信託

2022-03-22

ペット信託コロナ禍でペットを飼う人が増えています。犬や猫を飼うことは心身に良いと考えられる一方、健康に不安を抱えがちな高齢者には飼いにくい事情もあります。飼い主の「もしも」に備える「ペットのための信託」を2022年3月20日付の朝日新聞が紹介していました。

「ペットのための信託」は、家族の一員として愛するペットのため、あらかじめ老後の飼育資金を確保したり積み立てたりするとともに、飼い主が病気や長期入院、死去といった「もしも」に遭遇した時に、安心して暮らす場を確保する仕組みです。

NPO法人「ペットライフネット」(大阪市)は、8年前に「わんにゃお信託」を始めました。信託会社や定期預金を活用する五つの仕組みを用意しています。
将来の飼育費用を定期預金しておくのが「定期」コース。まとまった飼育資金や遺言書を準備すれば、比較的費用が抑えられます。
「信託」では資金管理を信託会社に任せられますが、手数料は必要です。ペットを飼い始めたばかりで、飼育費用をこれからためる人には「積み立て」もあります。
いずれの場合でも、飼い主が飼育困難になれば、ペットの所有権はNPOに譲渡され、NPOが里親へとつなぎます。


ペット信託里親はフードなどの基本的な費用の支払いを受けることになります。

大阪府で一人暮らしをする女性(70)は昨秋、生後3ヵ月の小型のミックス犬「ねね」を飼い始めました。
小型犬の平均寿命は約14年、最期まで飼うには不安がありました。
「1年後にどうなっているかわからんよ」と娘に勧められてNPOに相談、ペットのための信託契を結ぶことにしたそうです。

配信 Willmake143

面会制限の教訓

2022-03-21

面会制限の教訓読売新聞には、「医療ルネサンス」というコーナーがあります。2022年3月15日から6回にわたって取り上げられたテーマは「面会制限の教訓」でした。

コロナ禍で、病院や高齢施設は「面会制限」を余儀なくされました。患者や家族、ケアを支える人たちも、それぞれに重い負担を負いました。どんな教訓を得て、未来につなげるか。医療現場の専門家5人に尋ねて取材しています。
コロナ禍は、日本の医療が抱える様々な弱点を「見える化」しました。面会制限が明らかにしたのは、患者さんの「意思決定」を支える基盤の弱さです。

葛西中央病院(57床)は、ほぼ3日ごとに1人を看取る病院です。高齢者施設や大病院にいて、最後の時間を自宅近くで過ごすために転院してくる患者さんが多いそうです。そういう患者さんを多く受け入れている同病院の土谷院長はこう語っています。

「親が老い衰えていく過程を飛び飛びにしか見ていない家族は、実際に会うと、その変化に愕然とします。「きちんとケアされているのか」と疑念もわきます。
親が亡くなった後、その死を実感できない人もいます。患者さんと家族の、そして、面会に来る家族と医師との「対話」の機会を明らかに減りました。
その結果、患者さんのQOD(クオリティー・オブ・デス、死の質)が落ちているのではないか、と心配です。

こうした状況を打開しようと当院では、家族と率直に話し合いました。患者さんにとって最善な過ごし方は何か、一緒に考えましょう。
本人が決めるのが基本ですが、難しければ私たちで向き合っていくしかありませんと、真摯に伝えます。
面会制限の環境では、認知症が進んだり、その症状が表れたりする。せん妄という幻覚などの意識障害も出やすくなる。そうした様々なリスクも、納得してもらえるまで説明します。

面会制限下だからこそ家族と共有したいのは、患者さんが老いていく過程を受け止める「心構え」です。
親の死にばかり関心を向けるのではなく、そこに至るまでの今までの時間に思いを寄せてもらえる環境を作りたい。それが見えにくくなっているからこを、一緒に心構えをつくっていきたいですね」。


面会制限の教訓

配信 Willmake143

入院の保証人がいない

2022-03-07

入院の保証人がいない歳を重ねるにつれ医療機関にお世話になる可能性は大きくなります。

核家族化で「頼れる身内」が近くにいない高齢者も、人院時には連帯保証人や身元引受人が求められます。
いざというときに備え、元気なうちから代替手段を確認しておくことを2022年3月5日付の日経新聞が紹介していました。


入院の保証人がいない保証人が確保できずに困ったら、医療機関内に在籍するMSW(医療ソーシャルワーカー)や近隣の社会福祉協議会、地域包括支援センターに相談しましょう。


入院の保証人がいない成年後見人制度の利用支援や民間の高齢者サポートサービスについて説明してくれるほか、本人が望めば、相談員が直接医療機関と交渉してくれる場合もあります。

配信 Willmake143

« Older Entries

Copyright© 2010 ARAKI DENTAL CLINIC, All Rights Reserved.